雨の日のデメリットと対策

雨の日のデメリットと対策

美容室の雨の日キャンペーンなどにつられて、思い切って美容室へ行ったものの、帰りは土砂降りの雨で困ってしまった、と言う人もいるかもしれません。確かにせっかく作ってもらったヘアスタイルが雨に濡れてしまうのは悔しいものです。実際には雨の日であろうと梅雨時期の湿度の高い日であろうと、美容室内の施術には何の問題もなさそうですが、美容室を出てから帰宅するまでの間の雨というのは厄介です。なによりせっかく仕上げてもらったヘアスタイルが乱れてしまうのは、料金を支払っていますし悔しい思いをしますよね。特に車ではなく徒歩や交通機関を使って移動しなくてはならないときには本当に残念な気持ちになることでしょう。肝心なのは濡れてしまった時のその後の対策です。カットとブローぐらいなら、その日のスタイリングはあきらめなくてはならないかもしれませんが、対策が必要なのはパーマやカラーの場合です。家に帰ったらまずは髪の毛をドライヤーで乾かした方が良いでしょう。自分で乾かしていると、せっかくのスタイリングが崩れてしまうかもしれませんが、髪の毛を濡れたままにしておくのは、雨の日に限らず髪の毛には良くありませんから、すぐに乾かしましょう。いくらなんでも土砂降りの中を傘もささないで歩くような事をする人はいないと思いますから、通常の雨に濡れたぐらいならすぐに乾かせば大丈夫だと思います。雨の日にキャンペーンなどを行って、一度雨の日にお客さんに来店してもらえば、雨の日に施術をしたからと言って大した不都合はない、と言う事を実感してもらう事ができます。美容室の多くのメニューは雨だから、湿度が高いから、といって効果が薄れるようなものはそんなにありません。確かに湿度が高い日は髪のうねりが激しくまとまりにくいものですが、逆にそういう日に午前中から美容室に行くことができたら、プロの美容師に雨の日対策をしてもらう事が出来るので、ラッキーですよね。最悪のコンディションの日に自分ではできないようなヘアケアをしてもらう事になります。そう考えると雨の日に自分で四苦八苦しなくて良いのは助かります。そう思えば逆に梅雨時ならば湿度の高い日に美容室に行きたくなるものでしょう。そこでさらに雨の日キャンペーンなど、何か特典があれば尚の事嬉しいでしょう。そういう経験を繰り返していると、おそらくお客さんは雨の日に美容室へ行くことに対して抵抗が無くなると思います。最近は駐車場を完備している美容室も多く、そもそも雨に濡れて帰るような事も少なくなってきています。運転も億劫な日も有るかもしれませんが、憂鬱な雨の日だからこそ、ヘアスタイルを整える事は気分を変える効果もあるでしょう。自由が丘駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 トリートメント 安い おすすめ