美容師に聞いてみよう

美容師に聞いてみよう

みなさんも良く美容室で「何か気になっている事はありませんか?」と聞かれる事があると思います。そういう時にみなさんは何か美容師さんに質問をしますか?せっかく聞いてくださっているのに「特にないです」と答えてしまう人も多いのではないでしょうか。実際に美容師さんとの会話は苦手だからわざわざ質問はしない、という人も多いものです。ですが相手は髪の毛のプロの美容師です。ですから髪の悩みがあるならば、本当は美容師に聴くのが一番早い解決策を知る事が出来るんですね。ですがなかなか質問する勇気が無かったり「こんなの美容師からしたら大した悩みじゃない、と思われてしまいそう」などと考えてなかなかな悩みを打ち明けられなかったりするものです。ですが「髪の毛が梅雨時期に広がりやすい」というのは実は多くの人が悩んでいる事ですし、決して恥ずかしい悩みではないんですね。そしてその原因や解決策を美容師の皆さんは良く分かっていますし、その対処方法も知っているはずです。そして何より美容師に相談する事ができるメリットは、担当美容師であれば元々のあなたの髪質を良く解ってくれている、という事なんですね。もしもその美容師さんがとても経験豊富で知識もある人であれば「もしかして雨の日には髪が広がって困る事があるのではないですか?」と声をかけてくれるかもしれません。一昔前までは、美容師と言えば女性が行くところ、というのが暗黙の了解のようになっていました。男性が美容室に行くのは、小さなお子さんがお母さんに連れられてくるという感じでしかなかったんですよね。ところが時代が変わって徐々に男性も美容室を利用するようになりました。そしてその事は美容室側にも大きな変化をもたらしました。これまで女性のお客さんに対する対策だけを取ればよかったのですが、男性客が増加する事により、男性の事も考えたお店のあり方を考えなくていけなくなりました。もちろん性別を問わずお客さんが増える事は美容室にとってはありがたい事ですし、世の中の男性たちが自分のヘアスタイルにこだわるほどにおしゃれになった、というのは素晴らしい事です。ですから基本的にはなにも困る事は無いのですが、やはり男性客が美容室に来るのと来ないのとでは、これまでの女性の来る場所だった時とは違いが現れます。そしてそれは対応する美容室のスタッフや経営者だけではなく、お客さん同士の間でも色々な気遣いが生まれてくる事は当然と言えば当然です。この事は例えば保育士とか看護士という職場でも、同じような事が起こってきたのかもしれません。これまで女性だけだった空間に男性が参加することによるその場の変化、という事にはどのような事があるのでしょうか。宇都宮の美容院