ダイエットは体質に合わせることが大事

ダイエットは体質に合わせることが大事

ダイエットブームから様々なダイエット法が広がり、これからダイエットを始める人の中にはどんなダイエット法がいいのか決められなくて迷っている人も多いと思います。ダイエットを始めるときには、リバウンドをしたくない、つらい食制限や運動はしたくないといった条件で自分に合ったダイエットを実践しようとしますが、一番大事なことは自分の体に合ったダイエット法なのかということです。特に日本人としての体質があり、その退室は海外の一つは全く違うことを理解せずにダイエットを始めて失敗してしまう人が多いです。今あるダイエット法の多くは海外ではやっているものが多く、海外の人の体質に合わせたダイエット法ばかりです。日本人の体に合わないダイエット法をどれだけ実践したところで得られる効果はわずかでしかありません。そのためダイエットをするときには自分の体質に合ったものかどうかを考えたうえで始めることが重要になってきます。多くの人に知られ実践されるようになってきた低炭水化物のダイエットは日本人の体質には合わないといわれています。日本人の主食は米を中心とした炭水化物のため、炭水化物を食べないと健康を維持することも難しくなってきます。そのため食事をするときには炭水化物を抜くのではなく、適度に取り入れたうえでダイエットをしていく必要があります。筋力トレーニングも筋肉の質が欧米とは違う日本人には効果が薄いといわれています。ダイエットを始める前にその方法が体質に合ったものなのかを調べてみるようにしましょう。日本人の肥満基準は海外に比べると厳しい基準となっています。国際的な肥満基準として使われているBMIですが、一般的にBMIが30を超えると肥満といわれています。しかし日本では25を超えると肥満となります。BMI30と25の具体的な違いとしては日本人の平均身長で体重を比較すると体重さは15キロ近くも違ってしまいます。海外に比べると15キロ体重が少ないにも関わらず肥満となってしまうのです。日本人は炭水化物を中心とした生活の中で高カロリーな食べ物を食べてきたわけではありません。食の欧米化が進んだことで高カロリーな食事が増えてきて、たいして体重が増えていないにも関わらず糖尿病などの生活習慣病リスクが高くなってしまいます。糖尿病は太っている人の病気というイメージがあるかもしれませんが、日本人では痩せていても糖尿病にかかってしまうわけです。ダイエットをするときに低炭水化物な食生活が一般的となってきていますが、これはダイエットのためにも健康のためにもよくありません。日本人の体の構造は炭水化物を分解することに長けていますが、脂質の分解には向いていません。炭水化物を制限し脂質の摂取量が増えてしまうと太りやすい体となって美容や健康にも悪影響が出てきてしまいます。日本人としてダイエットを行うことを考えるなら、伝統的に主食としてきた米が一番体に合っています。炭水化物の摂取量を減らすことを目的としすぎてしまうとダイエット以前に健康にも大きな問題を抱えてしまうかもしれませんので注意してください。美容室 上福岡 カット パーマ トリートメント クーポン ランキング