ダイエットで達成したい体重を考えてみよう

ダイエットで達成したい体重を考えてみよう

ダイエットをするときには目標となる体重が必要です。でも実際にダイエットを始めるとなると目標体重が定まらないまま始めてしまい、途中で挫折したり体調不良になってしまうなんてこともあります。自分にとってどのくらいの体重が理想的なのかをまず調べてからダイエットを始めていくようにしましょう。体重というのはただ減らせばいいというわけではありません。太りすぎているとスタイルが悪くなったり、病気の原因となったりしますが、痩せすぎも太りすぎと同じかそれ以上に健康に悪いといわれています。まずは自分が健康的に過ごすことのできる体重を目指してみるといいでしょう。まず自分の体重を身長(m)×身長(m)で割ってみましょう。そこで求められる数値がBMI(ボディマス指数)で肥満度を表しています。BMIが22なら健康的に過ごせる数値、それ以上は肥満に注意となります。ダイエットをするときにはBMI22を目安に頑張ってみるといいわけですが、もっとスタイルを良くしたいとなるとBMI22以下を目指す必要があります。BMI20以下になると美容体重と呼ばれモデル並みのスタイルに近づいていきます。ダイエットをしているととにかく痩せることが大事と思いがちですが、BMIが18以下になっていくと健康的な生活に支障が出てくる可能性もあります。ダイエットの目標体重を考えるときにはBMIが20〜22の範囲内に収まる程度にしておくと無理なく行うことができます。闇雲にダイエットをするのではなく、始める前に理想的な体重を設定しておくことが無理のないダイエットにつながりますよ。ダイエットは体についてしまった余分な脂肪を減らすために行うものです。脂肪を落とすということを考えたとき脂肪には皮下脂肪や内臓脂肪、中性脂肪といった種類があるけどどれを主に落とせばいいのかと気になる人もいるかもしれません。ダイエットをするときにちょっとした知識として皮下脂肪や内臓脂肪、そして中性脂肪の違いについて理解しておきましょう。皮下脂肪や内臓脂肪は脂肪の種類ではありません。どちらも中性脂肪です。皮下脂肪というのは皮膚の下に付いてしまった脂肪のことで、内臓脂肪というのは内蔵の周りに付いてしまった脂肪のことです。中性脂肪がからだどの部分に付いているのかを表しているのが皮下脂肪と内臓脂肪というわけです。ダイエットの目的は中性脂肪を落とすということが目的になります。脂肪は体の主なエネルギー源となりますが、使われなかったエネルギーはまた脂肪に戻ってしまいます。代謝が悪かったり運動不足な状態が続いて消費されないエネルギーが多くなってくると中性脂肪となって皮膚の下や内臓に蓄えられていくようになります。皮下脂肪は見た目に影響を与え、内臓脂肪は生活習慣病などのリスクを高めます。美容のことを考えるなら皮下脂肪を落とし、健康のことを考えるなら内臓脂肪を落とす必要があります。ダイエットは美容と健康のために行うものですが、大切なことは中性脂肪をしっかりと落として自分の目的を果たせるダイエットを実践していくことです。蒲田 美容院