ダイエットでの脂質制限は効果的なの?

ダイエットでの脂質制限は効果的なの?

食事制限によるダイエットの難しいところは、カロリーの高い脂質を減らせば痩せられるというわけではないことです。人間が生きるためにはエネルギーが必要となり、そのエネルギーを最も多く作る方法が脂質を摂取することです。3大栄養素といわれている炭水化物、タンパク質、脂質の中でも脂質のカロリー量は炭水化物やタンパク質の2倍以上です。しっかりと運動をしている人や毎日体を動かしている人にとって脂質は重要なエネルギー源となりますが、あまり体を動かさない人にとっては使われないエネルギーが脂肪となって蓄えられていき、肥満につながってしまう厄介な存在となります。しかし肥満の原因は脂質だけにあるわけではないため、脂質を抑えることで単純に痩せられるとは言い切れません。人間が脂肪を蓄えてしまうのは、血糖値を抑えるために働くインスリンがその働きの中で脂肪を蓄えてしまうことに問題があります。血糖値は糖分を多く取ってしまうと上がってしまうため、インスリンの働きを抑えるためには血糖値の上昇を抑えていくことが重要になります。ダイエットで血糖値の問題が出てくるのはこのためです。このとき炭水化物を減らせばいいのかというとそんな単純な問題ではなく、炭水化物と脂質をバランスよく摂取していくことが大事になります。脂質の中にはダイエット効果を高めてくれる良質な脂質もあります。摂取脂質を減らしてダイエットを成功さえることはとても難しいため極端な制限はしないようにするといいですよ。ストレッチはそれ自体が有酸素運動の一つになりますが、ダイエット効果としてはとても低く、ストレッチばかりやっていてもダイエットは成功しません。ストレッチはダイエットに効果的といわれていますが、ストレッチのダイエット効果はストレッチ自体の脂肪燃焼効果ではないのです。ストレッチの目的は筋肉をほぐす、伸ばす、柔軟にすることです。こうすることで激しい運動をしたときのけがのリスクを減らすことができますし、血行促進、代謝アップ、ストレス解消といった効果が期待できます。ダイエットをするために有酸素運動を始めようと思ったときには直前にストレッチをしておくとダイエット効果を高めることができます。ストレッチは運動の前にやるものと思っている人も多いかもしれませんが、運動後のストレッチも効果的です。運動によって凝った筋肉をストレッチでほぐしてあげると乳酸を血液が流していってくれます。疲れや筋肉痛を和らげてくれるため運動だけでなく仕事のあとにストレッチをするということも効果的です。ストレッチは有酸素運動になるため、ジョギングなどの激しい運動をした後にストレッチで軽い運動をすると脂肪燃焼効果はさらに高まります。運動前だけでなく運動後のストレッチも習慣にしていくようにすると効率的に脂肪を燃やしていくことができますよ。ストレッチは長い時間行う必要はありません。運動後なら10分程度行うだけでも効果がありますので、空いた時間にやっていくだけでも効果的です。調布 美容院