どんな単語を用いるのか

どんな単語を用いるのか

美容室の店名に使われているのは、やはり髪を切る事に関係する単語を使っているようですね。髪を切る、という言葉をそのまま使っていたり、美しさ、可愛らしさ、といった言葉を使っている美容室も有るようです。はさみ、とか カットする、という意味の言葉を使っている所も有ります。それらの言葉は日本語で言ってしまえばまったくオシャレには感じませんが、フランス語とかスペイン語などで表すと、とてもお洒落な響きになることがあります。ですから経営者の皆さんはみな工夫を凝らして、いかにオシャレなイメージになる単語か、という事を各国の言葉に訳して探してみるのかもしれませんね。その単語一つにその店のコンセプトの様なものを盛り込んでいる事もあるでしょう。たとえばみんなが集まってくれるような空間をイメージした単語にしてみたり、最高の場所、最高の時間、といった意味合いの単語を探してみたりするものでしょう。ですがその単語が必ずしも響きの良い単語である、とも限らないかもしれませんね。特に日本語でいう濁音の発音が多い言葉というのは、濁って聞こえるのであまり美容室のイメージにはそぐわないかもしれません。それにしてもどうして同じ意味の単語であるのにわざわざ日本語ではなくて外国の言葉を用いるのか、今更ながら不思議な話でもあります。美容室をイメージする単語を探して美容室の店名に用いる、という事は経営者なら誰もが考え付くことかもしれませんが、実は店名には商法登録の問題が絡む様なんですね。美容室をイメージする単語、というのはたくさん有るようですが、日本全国の美容室の事を考えたらそんなに多くのイメージがあるとは言えないでしょう。似たような単語を使った店名の美容室は多くあります。ですが誰もが思いつきうな名前にしていると、その名前が商標登録されていると後から問題になるケースも多い様なんですね。ですから最初に名前を付ける時に、できるだけ個性的なほかには絶対にない様な店名を考えておいて方が良い訳です。もちろん登録の問題だけではなく、どこにでもあるような名前だと、覚えやすいけれども忘れやすい、という事もあるかもしれません。少し個性的なぐらいの名前の方が一生懸命に覚えようとしますし、覚えてしまったら忘れないものです。たとえ忘れやすいものであったとしても「ほらあの珍しい名前の美容室」とそのこと自体で話題になることもあります。やはりお店の名前にはその経営者とかそこのスタッフたちの個性あふれるものであることが望ましいかもしれませんね。単純なところでは同じ個人名を使った美容室であっても、それをあえてスペイン語表記にする、というような独創的なものだと同じ個人名を使った所よりも目立ちます。ヘアサロン 菊川駅 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング