ドライヤーでの乾燥時間はどのくらいがいいの?

ドライヤーでの乾燥時間はどのくらいがいいの?

ドライヤーを使うとき、どのくらいの時間で乾かせばいいのか悩んだことがある人もいるかもしれません。髪の毛は長さによってドライヤーの時間も変わってきますが、きれいな髪の毛を維持するためにはできるだけ時間をかけないことが重要といわれています。できるだけ素早く終わらせるためにどんな点に注意したらいいのでしょうか。まず乾かす目安ですが、髪の毛は8割から9割程度乾いている状態がいいといわれています。少し濡れた状態でドライヤーをやめ、あとは自然乾燥で済ませるようにするといいわけです。髪の毛は熱に弱いのですが、完全に乾いた状態はそれだけ髪の毛に熱がとどまっていることになります。ドライヤーを使って完全に乾かした後に髪の毛を触ってみると熱いと感じることもありますが、それでは髪の毛が傷んでしまうのです。そのため8割程度に止めることが理想となります。ドライヤーは髪の毛を乾かすことよりも頭皮を乾かすようにすることが大事です。頭皮の湿りは雑菌の繁殖を招き毛根を傷めてしまいます。自然乾燥でも頭皮の乾燥が一番大変なためドライヤーを使うときには頭皮を優先的に乾かすといいでしょう。髪の毛は後頭部ほど多いため、髪の毛を乾かすときには前ではなく後ろから始めることを意識すると時間の短縮になります。髪の毛の長さによって時間は変わってきますが、ロングの人でも10分程度で終わらせることができればきれいな髪の毛を維持することができるようになりますよ。体の中に溜まった老廃物を効率的に排出するためにはデトックス効果のある食べ物を食べたり、運動をしたりすることが大事です。しかしデトックス効果を謳っているものの中でもあまり効果の期待できないものもあります。本当に効果のあるデトックス法を見極めて実践していくことが美容にとって大切なことです。デトックスに効果的な方法としては断食があります。食べる量を減らしたり、一時的に食べることをやめると消化のために使っていたエネルギーを代謝のためのエネルギーに集中することができます。また老廃物は食べ物から生まれるため、食べることを止めると自然と体の中に老廃物がたまりにくくなっていきます。体の中の老廃物は便によって大部分が出ていきます。そのため下剤を使うのもデトックスになります。便秘で悩んでいる人は下剤の使用も考えてみるといいでしょう。一般的にデトックス効果があるといわれているものの中で、汗をかくというのはそこまで大きな効果を期待できないといわれています。汗に含まれている老廃物は微々たるものですし、体内に溜まった毒素を外に出す機能もないといわれています。岩盤浴や運動によって汗をかいてデトックスできたと満足してしまいがちですが、毎日続けてもそこまで高い効果は得られないのです。ただ汗をかくことは代謝を上げて美容と健康にいい体を作るために必要となるため、デトックス以外の目的で汗をかいていくようにするといいでしょう。デトックスを始める前に、どんな方法が効果的なのかをしっかりと理解してから始めるようにしてください。中目黒 美容院