話をしなくても心地よい関係

話をしなくても心地よい関係

美容師さんに逢うのが楽しみ、と思っている人もいるかもしれませんが、中にはそれほどの関係ではないのに、何年も同じ美容室へ通い続けて、同じ美容師さんにお願いしている人もいます。そういう人たちの中には施術中に取り立てて美容師さんと楽しく会話をするわけでもなく、必要最低限の会話だけでその時間を過ごしている人もいます。そういう人にとっては、そんな「しゃべらなくても良い時間」というのが居心地が良いのかもしれません。もしかしたらそのお客さんにとってその美容師さんの一番の魅力は「無理な会話をしなくても済む」と言う所なのかもしれません。美容師さんと会話をするのが楽しい、と言う人が多い反面、美容師と話をするのが苦痛だ、と言う人も多いと言います。その人にとってもちろん仕上がりやその美容師の人柄も大切かも知れませんが、何より自分がその美容師さんにお願いするのが楽だから、と言う事があるのではないでしょうか。それだけ聞くとあまりにも魅力に欠ける美容師の様な気がしますが、実際にはそれがその美容師さんの最大の魅力である、とも言えるのかもしれません。お客さんにとって居心地良い時間を提供できる美容師の術、というのは、何も会話が上手、と言う事ではないのでしょう。ただ黙ってお客さんに寄り添う、それだけでも十分なのですね。一人の美容師に長い間担当してもらう事の出来る人と言うのは、その美容師の腕が気に入っているから、と言う人もいますが、中にはその美容師との会話に疲れないから、もしくは、その美容師と話をするのが楽しいから、と言う人もいます。つまり極端に言えばその美容師のテクニックとか、ヘアスタイルの仕上がりとか、と言う事よりも、その美容師自身の事を気に入っている、と言う人もいるんですね。恋人同士のように相思相愛な関係です。それはとても理想的な事ですが、なかなかそこまでお互いにマッチする関係と言うのはないようですね。
特に「会話が楽しい」とお客さんに思わせ続けるには、常にそのお客さんを喜ばせるような話題が必要です。同じ人と何度も話をしていると、とうとう話題が無くなってしまう、と言う事も有りますよね。そういう事が起こらない様に美容師の方がそのお客さんが喜ぶような話題をいつも提供している、と言う影の努力があるのかもしれません。ですが本当に相思相愛の場合、そういう事も美容師の方が苦痛ではなくなっていると思うんですね。日常生活の中で自然と「あ、この話をあのお客さんにしたら喜ぶだろうな」と言う気持に自然になれるのだと思います。よく美容師とお客さんの関係は恋人同士に例えられますが、まさにそういう関係ですね。美容院 吉祥寺駅 カラー パーマ トリートメント クーポン ランキング