なぜランク付けが必要なのか

なぜランク付けが必要なのか

同じ美容師でも確かに経験値や年齢が違えば、習得して言える技術が違うのは良く分かります。パッと見て若い美容師だな、と思えばまだ経験が浅いという事は直ぐに想像がつきます。それにもかかわらずわざわざ「スタイリスト」「トップスタイリスト」などと肩書を付けるのは、どうしてなんでしょうか。単純に「カッコよいから」という事もあるかもしれませんが、一つには誰が人気の美容師なのか、という事をお客さんに知らしめるため、という事が言えるでしょう。美容師が単純に美容室で働いている時代とは違って、近年美容師は人によってはまるで有名人の様な扱いを受けている人もいます。雑誌で特集を組まれたりメディアで紹介されたり、といった具合です。その時に美容師の、というよりは「トップスタイリストの」と紹介される方が「その美容室には凄い美容師がいるのだな」という印象を与える事ができますよね。あの美容室で一番上手なのはあの美容師さんなんだな、という印象にもなります。そうするとますますその美容師は人気者となってその美容室にはその美容師を目当てに来店するお客さんが増える事でしょう。もちろんそのような様を見て若手の美容師やアシスタントは、自分もその地位に上り詰めるまで頑張ろう、と思う事でしょう。美容師と言う職はいつの時代でも人気の職業で、今現在でも美容師を目指して勉強している人はたくさんいるようですね。そうやって美容師を目指そう、と思っている人たちはすでにその覚悟が決まっていると思いますが、それ以前に「美容師ってどんな仕事なのかな」と漠然と憧れを持っている人達がよく疑問に思うのは「美容室ではスタイリスト、とかヘアメイク、とか美容師とは違う肩書の人たちがいるけれども、そういう人たちはどういう人たちなのか?」と言う事でしょう。よく質問サイトなどにも、美容師を目指したい、という若い子たちから、それぞれの名称に関しての質問が掲載されています。確かにこじんまりした個人経営の美容室ならば、その様な肩書は気にならないものですが、少し大規模な美容室などなら美容師から名刺をもらった時に肩書として色々な名称が着いている事があります。美容室のホームページなどでのスタッフ紹介でも同様に肩書がついているケースが多いですよね。その肩書ってどうやったらもらえるのか、だれが付けるのか、何か資格が必要なのか、という事が確かに美容師を目指す人なら気になるところでしょう。私達のように単純に美容室に通う者たちにとっても、スタイリストにお願いするべきなのか、トップスタイリストにお願いすべきなのか、と迷ってしまう事も有りますよね。清澄白河 美容院