パーマやカラーが落ちやすい?

パーマやカラーが落ちやすい?

皆さんの中には、梅雨時の湿度の高い時にパーマやカラーリングをするのは良くない、とか、雨にぬれるとせっかくやってもらったカラーやパーマがすぐに落ちてしまう、という風に思っている人は少なくないと思います。確かにパーマやカラーリングと「湿度」や「雨」といった水分の多い状況と言うのは相性が悪いように思いますよね。ですが実際の所は、たかだか雨の日だから、と言う理由でパーマやカラーリングが上手くいかないとか、落ちやすい、というような事はないようです。実際に雨の日のたびにその様な事が起こっては、美容室はとても困ってしまいますよね。すくなくとも施術する美容室では空調を聞かせて湿度なども調整していますし、いくら帰りに雨が降ったからといって、土砂降りの中を傘も差さずに帰宅するような人はいませんよね。確かにパーマをかけたりカラーをした日には、シャンプーをしないで、と言われますが、それはちょっとの水気も大敵である、という意味ではありません。濡れてしまう事よりもシャンプーなどで洗い流す事の方が問題なようですからね。ですからパーマやカラーを予約したけれども、当日雨になったから予約を変更した方が良いのか、などと悩まなくても良いようです。美容室にとっては当日のキャンセルはちょっと迷惑ですしね。一般的に梅雨の時期と言うのは、憂鬱な日々を過ごす人が多いですよね。雨が降らないのは困りますが、それでも雨の日の外出と言うのは億劫です。仕事ならともかく美容室などの「無理に行かなくては良い場所」と言う所にはなんとなく行くのが面倒になってくるものでしょう。ですが美容室へ行きたくなるのはヘアスタイルがまとまらなくなるから、と言う時が多いものです。そしてこの梅雨時期こそが、神がまとまらない時期の代表の様な感じですよね。たとえ髪の毛をきちんと整えていたとしても、このまえ美容室に行ったばかり、という時であったとしても、なんとかくヘアスタイル全体が「ぼわっ」とした感じになってしまうのを感じたことがある人は多いと思います。そうなってしまう大きな原因は梅雨時期の湿度だと言われています。湿度が高い状況では髪の毛はうねりがひどくなる傾向があります。クセ毛のある人なら尚更でしょう。ですから梅雨の時期にヘアスタイルがまとまらなくて困る、すぐにでも美容室へ行きたい、でも予約をした日に雨が降ったら、出かけるのが面倒になるなあ、などと予約をするのも面倒になってくる人も多いのではないでしょうか。梅雨の時期を気持ち良く過ごすための美容室の活用法は無いものでしょうか。整体 恵比寿 ハイパーナイフ 矯正 クーポン おすすめ