施術の途中で放置される

施術の途中で放置される

美容室でカットしてもらっている最中に「ちょっと待ってくださいね」と言われて席を外されて経験のある人は多いと思います。それが明らかに納得できる理由なら良いのですが、どうして?何をしているの?と思うようなケースも有りますよね。一番心外に思うのは、自分はまたされて他の人のカウンセリングなどに行ってしまわれる事ではないでしょうか。自分がほったらからされているだけではなく、他のお客さんの所に行ってしまうなんて…と悲しくなってしまいますよね。もしもその美容師をわざわざ指名したのなら尚更です。美容師の立場として、そのような行動をとる理由と言うのは確かにあるようです。たとえば電話に出なくてはいけない、といったケースです。規模の大きい美容室ならレセプト担当の人がいて、電話や受付などを一手に引き受けているケースがありますが、そうではない美容室の場合には、美容師がそういう事も兼任しているケースがあります。お客さんを放置するつもりはなく、電話に出る事も大切な仕事なのですね。そのような理由なら許せるかもしれませんが、持ち場を離れて他のお客さんと雑談したりする美容師、というのはちょっと残念です。明らかに人気がある美容師にありがちかもしれませんが、お客さんだって料金を払って来ている訳です。指名料金を払っているなら尚更許せない態度となるでしょう。美容師として成功する、という事の条件として、誰にでも好かれる美容師になる事が大切だと思われます。成功している美容師の中には自分をアピールする感じの人も多いものです。個性的、クセがある、という人も多いものです。そういう人だからこそ一目置かれた、という事もあるかもしれません。ですが例えば奇抜なファッションやヘアスタイルでお客さんに一目置かれれているような美容師がいたとして、その人のその奇抜さは万人に受け入れられるものでしょうか。個性が強いという事は、それを受け入れられない人もいるかもしれない、という事でもあります。たしかにそういう美容師は人気があるかもしれませんが、もしも万人に受け入れられる美容師であれば、もっと成功する事が出来るかもしれません。一定の人にしか受け入れられない美容師と言うのは、時が過ぎれば飽きられてしまう可能性も大きいのです。奇抜なヘアスタイルや古着スタイルの美容師に対して、若い子たちは「素敵な美容師さん」と評価するかもしれませんが、年配の方には「この美容師大丈夫かしら?」と思われてしまうかもしれませんし、若い子たちもいずれはそういう趣味を卒業していく可能性の方が大きいのです。ですから成功するためには誰からも好かれる美容師になる方が良いと思うのです。思い切り個性を出すのは成功してからでも遅くは無いでしょう。大塚 美容室