スタイリストカット

スタイリストカット

美容室のカットのメニューに「スタイリストカット」とあったら、どんな印象を受けるでしょうか?スタイリスト、と聞くとなんとなく美容師の中でも腕のある人が切ってくれるような印象を持つかもしれませんが、早合点してはいけないようです。そのメニュー一覧をよく見てみると、もしかするとそのスタイリストカット、というのはスクールカットやカレッジカットの次に書かれていて、しかも他にもカットの種類、例えばトップスタイリストカット、とかデザイナーズカット、等の文字があるならば、実際にはスタイリストカットというのは美容師の中でも一番下のクラスの、いわゆる若手の美容師がカットしてくれる、という事になるようです。つまりいたって普通の美容師、という事が言えるでしょう。「美容師」ではなくてカタカナで「スタイリスト」と表記すると、それだけでなんだか美容師よりも格が上、という気がするかもしれませんが、実際には美容師の事をどのように呼ぶか、という事は何かで定められている訳ではないので、さらにその上のランクの美容師の名称と言うものがいくらでも存在し得るわけです。結局その「スタイリストカット」がどの程度の料金で、それが高い方なのか、安い方なのかをよく見て、どのランクの美容師が担当してくれるのか、という事を察するしかありません。美容室と言う所は、とてもお金のかかるところです。カットだけならともかく、パーマやカラーといったメニューはとても大きな出費となります。ですからお客さんにとっては、よほどお金のある人や、ファッションにこだわる人でない限り、「今日美容室で度のメニューをお願いするか」と言う事は懐具合と相談となる事が多いものです。そして予約する時には、その時の自分の予算に会ったメニューで予約するものでしょう。給料日前だから、今回はカットだけにしておこう、などと思った事のある人は多いでしょう。ところが美容室に行くと美容師からやたらとパーマやカラーを勧められて困った、という経験もあるのではないでしょうか。美容師から「パーマをかけた方が良い」「カラーをした方が素敵だ」と言われたら、その言葉を信じてしまいます。そしてその美容師の勧めてくるメニューを選択しない事は、自分で「キレイにならなくても良い」と言っている様な気がして後ろめたく感じてしまうものです。そしてそれを断った場合には、なんとなくその後の施術の時間が気まずくなってしまったりするものです。そしてその結果、あの美容師さんは予定していないメニューをやたらと勧めてくるから、やり辛い、と感じてしまって、次回からは指名をためらってしまう人もいると思います。美容室 小岩 美容院 カラー トリートメント メンズ 安い 人気